腰痛 寝相 布団

小さい頃から同じ布団で寝ているせいか、家族みんなが腰痛を訴えている

 

ちいさな時からずっと痛い。ずっと同じせんべい布団で寝ているので、サイズがそもそもあっていないのかもしれない。毎朝本当に背中中が痛い。腰痛ももちろんのこと、体中が痛いときもある。正直解決策はないと思うので、どうすればいいのかわからない。お父さんお母さんも同じことを言っていて、別々の布団で寝ているが、もしかしたら家系的に寝たら体が痛くなる体質なのかもしれないとも思っている。

 

お父さんは、せんべい布団。お母さんは私が生まれる前から使っているちょっと厚めのマットレス。お父さんの布団の下には低反発マットをひくようになったが、相変わらず朝の体は本当に痛いそうだ。
お母さんもマットレスの上にさらにマットレスを敷いているが、やはりこちらも変わらず痛いようだ。どんなに良い低反発マットでもやはり全員体中が痛いらしい。時には寝付けないこともある。遺伝子のせいなのか、布団がそもそもあっていないのか。正直本当に謎で困っている。

起きたら必ずストレッチを行うようにしています

 

まずは起きたらストレッチ。腰のあたりを重点的に行う。そのほかは特にないが、よく動くことは意識している。ストレッチの具体的な方法としては、まずはよーく気持ちよく背伸びをする。このとき深呼吸を意識し、その中でも吐く息を長めに行う。
次に座って、前に体を倒す。息の仕方は先ほどと同じく、これを2、3回繰り返す。背中を意識して行う事で特に血行が良くなっている気がする。
次に、逆に背中を反らす。立ち上がって、さっき伸ばした背中の背筋をよーく戻す。これを行うことで、先ほど伸ばし過ぎたところが一気に縮まり、体がふわっと楽になる。

 

あとは、腰が痛いとはいえ、ついでに全身のストレッチも行う。屈伸やアキレス腱を伸ばしたり、腕をまわしたり。気分によってストレッチは様々なことをしている。
時間や回数を決めてしまうと、日によって体の調子が違うのに、毎回同じような回数では正直体に合わないと思っているので、気が済むまで行っている。

こちらの記事も人気です!